Fortes fortuna adjuvat

運命の女神は 心強きひとに微笑み 心挫けたひとに手を差し伸べる

6 恋人のカード

愚者の少年、もとい青年は、秩序の象徴である法王の祝福を受け、晴れて社会の一員となりました。 彼は、皇帝の家臣団の末席に連なって、日夜己の役目を果たしています。すると、その働きぶりに目を留める女性も現れる──これは道理とも言えますね。 恋人のカ…

5 法王のカード

宗教上の最高指導者である「法王」が右手で祝福を与えながら、二人の修道僧を諭しています。 その様子を少年は後ろで控えて窺っているのでしょう。神妙な面持ちと好奇心を抱いて。 「愚者」の少年は、念願叶ったとみえて「皇帝」の臣下として取り立てられた…

4 皇帝のカード

「女帝」に見込まれたのか、はたまた取りなしがあったのか。愚者の少年は「皇帝」への謁見を許されました。彼の胸には立身出世の炎が灯っているようですが、少年の真贋を見極めるべく、皇帝は立ちはだかります。

3 女帝のカード

女教皇の元を後にした愚者の少年は、長い旅を経たようです。風景はがらりと変わって、糸杉の森の中の開けた場所に移りました。 今眼前にはゆったりとしたローブを纏った柔和な女性が、リラックスした様子でソファーに腰掛けています。頭上の冠、右手の笏から…

瀧川神社での一幕

段々と春めいてきましたね。写真は静岡の三嶋大社の梅の木です。 なんでも一本の木で紅、白、絞り、淡紅の四色の花を咲き分けるとのこと。 淡紅と白梅が咲いていました。清廉な井戸と相まって感じ入りました。 そんな訳で、先日、久し振りに沼津方面へと輪行…

2 女教皇のカード

魔術師の元を立ち去った愚者の少年は、どうやら長い旅を経て、異国の地に辿り着いたようです。彼の面前には、いかにも厳格そうな女性が、まっすぐにこちらを見据えています。 鏡のような冠をつけ、胸には十字があり、書物を抱えている女性が描かれたこのカー…

1 魔術師のカード

0から1へと物語が動き始めました。愚者の場面から一転、赤いローブを纏った男がなにやら儀式めいた事をやろうとしています。 この場面だけを切り取ると、愚者と魔術師は何ら脈絡がないように思えますが、過去記事を参照して頂いて、大アルカナが愚者の旅と…

愚者のカード

「愚者」 0番目のカードです。大アルカナはこのカードから始まるとも、いやこのカードで終わるのだとも言われています。 もちろん、0という数字が付されている事に注目するのは大事です。数秘術でも現れない0という数。 何故、数秘術で現れないかというと…

タロットをはじめよう

タロット占いをやってみよう! でもカードが多すぎて覚えられない…… そう思って二の足を踏んでいる方。いきなり意味を覚えようとしていませんか? そうするほかないと思われがちですが、往々にして挫折感を味わってしまいます。 いざカードを展開し、覚えた…

カラスのお告げ

今週のお題「現時点での今年の漢字」 ズバリ、「烏」です。 昼過ぎに自転車で走っていたら、後頭部をバサリと叩かれて何だと見上げたら、カラスが飛び越していったんですよね。 しれっとしたもので、街路灯のてっぺんに止まると暢気にカアカアカアと鳴いてい…

調布・青渭神社のご神木

東京・調布の深大寺近くに青渭神社(あおいじんじゃ)という古社があります。 所謂、延喜式内社に比定されていて、武蔵国多摩郡八座のひとつ。官祭の神社として重きを置かれていたといいます。 ご祭神は水神様で、青渭大神(あおいのおおかみ)・水波能売大…

宝くじに当たる夢を見たんですけど、それだけで終わるはずもなく

想像してみてください。 手元に3枚のカードがあります。そして各々数字が書いてある。 10 33 68 壇上の司会者から、カードと同じ数字のコールがかかり、 「おめでとうございます! ○○と△△(聞き取れない)、以上2つの数字の方、それぞれ1億円ご当選…

タロットの物語に思いを馳せよう

占いといえば、タロットカードをイメージされる方、たくさん居られると思います。多くの占い師が用いていますからね。 対面で鑑定してもらうと、神秘的な図柄から導かれる結果が的を射ていて驚かれる事も多いでしょう。 今回は、そんなタロットカードについ…

人生の転機について話していたら やっぱり怖い話になっていて不思議

昨日は少し怖いというか不思議な話をさせてもらいましたが、今日は人生の分岐点について少し書いてみようと思います。 人生の分岐点と言っても私個人の話になります。 今は縁あって占い師という立場にありますが、実は占い師になろうなんて思ったことも無か…

今でも思い出してしまう怖いような不思議な話

今週のお題「忘れたいこと」 先に言っておきます。ごめんなさいね。 今回は唐突に始まる怖い話です。

易と天神信仰の密かな関係

今朝テレビを聞き流していたら、菅原道真公の話題が耳に入ってきました。確か、NHKの歴史番組だったような気がします。 菅原道真公と言えば、時の朝廷から祟り神として恐れられ、京都の北野に神様として祀られたのはご存知の通り。 その北野天満宮は当時の朝…

男には引くに引けない時もある 例えば等身大パネルを手に入れた時だ

今週のお題「忘れたいこと」 忘れたいことを書くために、忘却の海から記憶をサルベージしたところ、いやほんとこれ忘れたいことだわ、忘れたいこと思い出させるとかドSにも程があるぞ運営! と思いましたが、どちらかというと私のドMっぷりに軍配が上がりそ…

文系の人にこそ読んで欲しい「理科系の作文技術」のご紹介

大掃除をしていたら懐かしい本が出てきました。年季の入った付箋がそのままで、20数年前の記憶が蘇ってきます。 大学時代に先生から勧められた、というか、これを読んでからレポート類を書くようにと言われた教科書的な書籍です。 文系だから関係無いわーと…

親の心子知らず 子の心親知らず なぜなら

鑑定を行っていると、稀に依頼者とは別の方達を占って欲しいというご依頼を受けることがあります。 こう書くと仰々しいですが、平たく言えば、親御さんからのご依頼でお子さん達の運勢や、恋人と上手くいくのか? という内容だったりします。 親御さんと言っ…

忘れたいこと

今週のお題「忘れたいこと」 忘れたいこと、忘れたいことと昔の記憶を辿っていて、そう言えばあんな話があったと思って、とりあえずコーヒーを飲んでから書くかと構えていたら、何を書くか忘れてしまいました。 誠に遺憾であります。残念です。 ただ個人的に…

占いは信じない

占いは信じずに使うものです。 端的に言えば以上になります。 流石にあっさりし過ぎですね(笑) 使うってどうやって? 占いなんてやったこともない! そんな声が聞こえてきそうですが、何も自分でやりましょうっていう話じゃありません。占いとの向き合い方を…

知っておいて損はない! 「個人年運数」

前回、年運数という考え方をご紹介しました。 これはその時代性、社会性を予測し、把握する為の技術でした。 ただ、この年運数だけではピンと来ない方もいらっしゃると思います。 その年の傾向は分かった。じゃあ対策は?? そうです。この対策こそが最も気…

数秘術で年の流れを読む方法

さて、前回師走の話題が出ましたというか、トラックの幅寄せよろしくカットインさせましたが、この時期になりますと今年の漢字、流行語なんてのが巷の話題にのぼったり、最近はそんなでもなかったりする訳です。 今年は仕事がうまくいかなかった。初めて恋人…

猫も杓子も師走の大盤振る舞いって話

ホントにもう、あっという間にこんな時期ですよ。今年も残すところあと半月あまり。大掃除やらなんやら、用事が山積みです。ホントにね。 さて、せっかくですから、年末年始に向けて、壊れたモノを捨てたり、他人が汚した場所をきれいにしましょう。 風水的…

運命数「22」の人とは?

では最後に運命数「22」の人について見ていきましょう。 「22」も「11」同様特別な意味を持つ数です。 運命数ってなに? という方は過去記事を参照してください。 ichimonji-murasame.hatenablog.com

運命数「11」の人とは?

今回は運命数「11」の人について見ていきましょう。 運命数の「11」は数秘術で最初の二桁の数です。 (10は1+0=1となります) 通常なら 1+1=2 としたくなりますよね。それも一理あるのです。 つまり、1でもあり2でもあるのが「11」とも言えるので…

運命数「9」の人とは?

さて、今回は運命数「9」の人について見ていきましょう。 運命数とはなんだろう?という方は、過去記事を参照してください。 ichimonji-murasame.hatenablog.com

運命数「8」の人とは?

今回は運命数「8」の人について見ていくことにします。 運命数とはなんだろう?という方は、過去記事を参照してください。 ichimonji-murasame.hatenablog.com

運命数「7」の人とは?

さて、今回は運命数「7」の人について見ていきましょう。 7といえばラッキーセブンが浮かびますよね。そして、てんとう虫は幸運のメッセンジャーとして世界中で喜ばれる虫。殊に、ナナホシテントウは幸運の先駆けとして愛されています。 本題に戻りましょ…

「みじめ依存症」

今回は「みじめ依存症」というワードを見かけたので、それについて書いていこうと思います。記事の詳細は下記リンク先を参照してください。 news.yahoo.co.jp ざっくりと記事をまとめると 「みじめ依存症」とは自分の不幸の誇示がやめられず、不幸を嘆く事自…